英の通貨ポンドの為替転売

日本の通貨です円という英の通貨ですポンドは、異国為替グループによって直接のトレードが行なわれない通貨ペアだ。ポンドという円の為替取引をする場合には、タオルトレードといって間に米ドルを噛ませます。円を売ってポンドを買うことを例にしますと、円売り・アメリカドル買いのトレードって、アメリカドル売り・ポンド買いのトレードを共に行ないます。米ドルやユーロと比べると英ポンドの通貨トレードはかなり乏しいのも事実です。無性に流動性に欠けるといえるでしょう。ポンドは利回りが割に大きいために視線にとまり易い通貨ではありますが、通貨の流動性が少ないために非常にボラティリティがおっきいというオリジナリティーがあります。乱高下が激しいポンドは、アメリカドルやユーロといった通貨よりも相場的乱高下をします。乱高下が耐え難いわけですので、ポンドを取引きする時折注意が必要です。具体的には、レバレッジは低くしておいた方がいいでしょう。近頃英ポンドの対円パーセンテージはサブプライムショックといったリーマン驚がくという2つのファイナンスピンチによってものすごく下落してしまいました。一方で、ヨーロッパ借入ピンチについては、ユーロに加盟していない英は真面目影響を受けませんでした。欧州諸国に輸出をしている関係でまるっきり影響を受けずにすむというわけではないようです。ユーロ圏諸国の環境が迷走すれば、英も無傷では済みません。そうなれば、またポンドの為替パーセンテージが下落する予報はあり注意すべきだ。イギリスポンドは利回りの高さが魅力ですが、トレードきが幾らか酷い側面も持っています。こんな面を一概に知っておきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ