キャッシングの法律が変わったことが話題になった

少し前にキャッシングの法律が変わったことが話題になったことを覚えているでしょうか。2010年に改正貸金業法という法律の改正が行われたことにより、キャッシングには総量規制が入りました。あまりに無計画にキャッシングを利用してたくさん借りてしまう人など、社会的に問題ともなっている多重債務の対策としてできあがった法律が総量規制です。総量規制が導入されたことにより、キャッシングの借入合計金額は年収の3分の1までと法律で明確に定められました。証書ローン、カードローン、キャッシングローンなどの合計金額が法律の対象となりますので、多重債務そのものができなくなるわけです。年収が150万円の人であれば、キャッシングで利用できる上限金額は50万円となります。かならずキャッシング会社は信用情報機関へ加入しなければならないことになっています。他のキャッシング会社の利用状況を隠しておくことはできません。この法律改正が行われる以前から審査に通って融資を受けているのであれば、継続して借り続けることは不可能ではありません。新規の借入をしたい時や再審査の必要性が出た時には総量規制が適用されるようになります。法律が改正されたことで、借りすぎや多重債務の問題は対策が取れました。今までは借入が可能だったキャッシングが法律によってできなくなってしまう場合もあるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ