カリウムなどのサプリメントは食品

医薬品とは異なり、カリウムなどのサプリメントは食品としてカテゴリ分けされています。適切な摂取量が明記されていないようなサプリメントも、中にはあるようです。

カリウムサプリメントを使う時は、食事から摂取するカリウム量との兼ね合いが大事です。食事から摂取している塩分の量や、体質などでも左右されるため、どのくらい飲むかは注意深く決める必要があります。

基本は1日1粒のサプリメントからスタートして、むくみや高血圧の状態などを見ながら少しずつ増やしていって様子を見るようにしましょう。カリウムは一度にたくさん摂取しても通常は体外に排出されてしまうので、適量の利用をおすすめします。

大量にカリウムを摂取すると、まぶたや足の筋肉がぴくぴくとひきつってくることがあるといいます。もしも、カリウムサプリメントを使っていて足やまぶたがけいれんしたなら、使用量を減らすようにしてください。

朝ご飯か、昼ご飯の後が、カリウムサプリメントの摂取に適した時間帯といえます。サプリメントを飲む時に、水ではなくて緑茶やコーヒー、紅茶を使う人がいるようです。

サプリメントの栄養素がカフェインやタンニンと結び付き、栄養吸収が阻害される恐れがあります。牛乳で飲む人もいるうようですが、牛乳を一緒に飲むと膜をつくってしまいます。吸収量が減ってしまうこともあるのでカリウムのサプリメントは水か白湯で飲むようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ